スポンサードリンク


RSS | ATOM | SEARCH
地方銀行のカードローンは専業主婦でもOKか?
専業主婦はカードローンでお金が借りれるのか?


昔に比べて専業主婦に対するカードローンの風当たりが強くなりました。

確かに昔は専業主婦の方でもカードローンでサクサクとお金が借りれたものです!


しかし最近はと言いますと、かなり厳しいのが現状です。

専業主婦が借りれるカードローンはかなり激減してしまいました

何故かと言いますと・・・・法改正の影響です!
総量規制の法律により専業主婦がカードローンで借りれなくなった?


既にご存知の方も多いかもしれませんが、総量規制という法律が2010年に施行されました。

この法律のせいで専業主婦の方はカードローンの融資が極めて難しくなってしまったのです。


総量規制とは、簡単に説明しますと・・・『カードローン会社(消費者金融やクレジットキャッシング枠含む)などは年収の3分の1を超える融資を客にしてはいけない』という法律です。


つまり年収の3分の1を超える融資が原則不可というルール。

法改正前のカードローンは年収の3分の1を超える融資は楽勝で出来ました。

しかしカードローン業者の過剰な貸付が多くの多重債務者を生み社会問題化にまでなったのはあなたもご存知かもしれません。


国が多重債務防止に踏み出し総量規制の法律が制定されたのです。


その結果・・・「年収の3分の1を超える融資が受けられない」という通称「年収3分ルール」

これで多くのサラリーマンやフリーター、自営業者がカードローンで満足に借りれなくなってしまったのです。


そして元々無職で収入が無い専業主婦の場合は融資が原則不可能となりました。

年収の3分の1ルール云々以前に、専業主婦は年収がゼロですからね!

総量規制の法律に照らすと借りれるわけがありません。


例外として配偶者である旦那さんの年収の3分の1以内まで借りれるのですが、その時は旦那さんの同意書が必要となります。


本来カードローンは家族に内緒で借りるのが普通です。

専業主婦の方も旦那さんに内緒で借りる人がほとんどです。

だから「同意書が必要」というのはカードローンで借りれないのと一緒です。


以上の事から総量規制の法律によって実質、専業主婦の方がカードローンで借りれることは殆どなくなりました。




法律の抜け穴(?!)銀行系カードローンなら専業主婦でも借りれる?!


では総量規制により専業主婦が借りれるカードローン会社は無いのでしょうか?

旦那さんや配偶者、家族にバレずに借りれるカードローンは無いのでしょうか??


実はこの総量規制の法律も完璧ではなく抜け穴があったのです!!


それが「銀行カードローン」です。


実は銀行カードローンは総量規制の法律に縛られておりません。

なぜなら銀行法の法律で運営されているからです。(総量規制は貸金法の法律)


銀行法の法律で運営されている銀行カードローンは貸金法の総量規制の法律に従う必要はなく「年収3分の1ルール」も無縁です。


だから銀行カードローンは俗に「総量規制対象外のカードローン」と呼ばれております。


当然、専業主婦の人も銀行カードローンならば法律上借りれることになります。

実際に「専業主婦でもOK」としている銀行カードローンは数多くあります。


だから無職、無収入の専業主婦の方がカードローンでお金を借りる場合は銀行カードローンしか選択附は無いという事です。


銀行カードローンならば配偶者、旦那さんに内緒でお金を借りることも可能です。

実際にそうしている専業主婦の方は沢山おられます。


ところで、専業主婦の方が銀行カードローンでお金を借りる場合はいくらまで借りれるのか?


都市銀行系、地方銀行系など多くの銀行カードローンを見る限りでは「30万円〜50万円」の範囲で借りれるようです。


総量規制の法律後、どうしてもお金が借りたいという専業主婦の方は銀行カードローンを選びましょう!

都市銀行系、地方銀行系、信金系、IT銀行系など専業主婦が借りれるところは数多くあります。


スポンサードリンク
author:ゲーム中毒, category:カードローンの話, 14:41
-, -