スポンサードリンク


RSS | ATOM | SEARCH
看護師はカードローンの審査が通りやすい?借りやすい?それとも不利なのか?
看護師はカードローンの審査は通りやすいのか?


こういうカードローン情報に特化したブログをやっていて感じるのですが意外に看護師さんがカードローンを利用しているケースが多いのです。


看護師さんといえば高収入の職業です(お仕事は大変ですが・・)


「比較的高収入の看護師さんもカードローンでお金を借りる人が多いのか?」・・・・と私は驚いたりするのですが、ストレスが溜まる職業だけに色々な所でお金を使ってストレスを発散したりしているのでしょう。


その為、自分の給料だけでは足りなくなって消費者金融やカードローンで借りる看護師さんも少なく無いのかもしれません。


さて、そんな看護師さんですがカードローンの審査は通りやすいのでしょうか?



結論からいいますと看護師さんは数ある職業に比べるとカードローンの審査は不利な部類かと思われます。

だからカードローンの審査が通りにくい看護師さんは沢山います。
看護師さんがカードローンの審査が不利な理由


なぜ看護師さんがカードローンの審査が不利なのかと言いますと「就労の安定性に欠ける人が多い」からだと思います。


つまりすぐに仕事を辞めてしまう人が多かったり、他の病院に転職する人が多かったりするからです。


つまり入れ替えの激しい業種であり一つの職場で長く勤める看護師さんが少ないからだと思います。

これは水商売でも同じですよね。



いくら毎月の月収が多くても勤続年数が短いとカードローン会社の審査ではよく評価されません。


カードローンの審査では「収入安定性」を重視します。


担保や保証人を使わないカードローンにおいては収入安定性こそが「信用力」であり「返済能力」のバロメーターであるのです。


従って職場の入れ替えの激しい水商売や看護師さんなどはいくら毎月の収入が多くてもカードローンの審査ではあまり評価されなかったりします。


これが看護師さんのカードローン審査が不利な理由です。



カードローンの審査が通りやすい看護師さんの特徴


しかし、全ての看護師さんがカードローンの審査が不利と言うわけではありません。

中には審査が通りやすい看護師さんもおります。


それはどういう看護師さんかと言いますと『勤続年数が長い看護師さん』です。



全ての看護師さんがすぐに職場を辞めたり転職するわけではありません。

中には一つの病院やクリニックで何年も長く勤めている看護師さんもおります。


そういう看護師さんは当然ですがカードローンの審査でも有利です。

これはカードローンだけに限らずマイカーローンや住宅ローン、クレジットカードなどの審査でも同様です。


『要はどんな職業でも長く勤めていればOK』・・・・・それがカードローンの審査を有利に導くことにつながります。

スポンサードリンク
author:ゲーム中毒, category:カードローンと審査基準, 13:00
-, -