スポンサードリンク


RSS | ATOM | SEARCH
予備校費のお金をカードローンで借りる(教育ローンとして)
予備校費はまとまったお金がかかるから大変!


予備校費はまとまった大金が必要です。

なんせ私立学校の学費並みのお金がかかるからです。


多くの家庭では自分の我が子の為に予備校に行かせます。

その時多額の教育費用がかかります。


現金一括で教育費用を賄うのはそれこそ大変です。

だから多くの家庭は銀行などの教育ローンを利用しているのが普通です。



教育ローンは審査が厳しい?

予備校費などのお金をなるべく低金利の銀行教育ローンで借りる。

これはこれで良いと思いますが、審査がそれほど簡単ではありません。


だから全ての人が教育ローンで借りれるとは限らないのです。

教育ローンでお金を借りれない人は予備校費用を諦めるべきなのでしょうか?

カードローンを予備校費用として借りる。


教育ローンの審査が通らない人はカードローンを教育ローンとして使うと良いでしょう。

カードローンは金利が少し高いですが通常の教育ローンよりもずっと審査が甘いです。


また最近ではカードローンも色々な金融機関がサービスを提供していて銀行なども低金利でカードローンサービスを行っています。

それならば安心ですよね?!


教育ローンの審査が通らなかった人もカードローンの審査ならば簡単に通る場合があるのです。



カードローンを教育ローンとして利用することのメリット

・審査がとにかく甘い

・審査がとにかく早い

・融資が早い(当日の融資も可能)

・カード一枚あればいつでもどこでも利用できる(コンビニのATMでもOK)



カードローンを教育ローンとして利用することのデメリット

・金利が少し高い

・必ずしも希望通りの限度額を借りれるとは限らない




・・・・以上、カードローンを教育ローンとして使うメリット、デメリットがそれぞれあり一長一短ありますが通常の教育ローンで審査がとおらなかった人はカードローンを代用するのも良いでしょう。


塾や予備校の費用を十分に賄えるかと思います。

スポンサードリンク
author:ゲーム中毒, category:カードローンの話, 01:56
-, -