スポンサードリンク


RSS | ATOM | SEARCH
審査の通りやすいカードローン
審査の通りやすいカードローンについて

審査の通りやすいカードローンとは、お金が借りやすいカードローンをいいます。

又はよく言われるのが「審査の甘いカードローン」ですね。

更に別の表現ですと「審査の緩いカードローン」ともいわれます。


貴方はお金を借りたいですか?

そしてカードローンやキャッシングに申し込んで審査が通っておりますか?

もしなかなか審査が通っていないならば何か原因があるはずです。


カードローンでお金が借りれない理由は様々ですが、一番多いのが審査が通りやすいカードローンに申し込んでいないことです。


カードローンにも色々あります。

審査が通りやすい所もあれば、審査が通りにくいところもあります。


どうしても今すぐお金を借りたい人はなるべく審査が通りやすい所を狙って申し込む必要があるでしょう。



審査が通りやすいカードローンは金利が高いの?


どうしてもお金を借りたい人、何が何でもお金を借りたい人は出来るだけ審査が通りやすいカードローンを選ぶ必要があると前述しました。

では審査の通りやすいカードローンは金利が高いのでは??


そんなご心配をお持ちの方もいるでしょう。


現在はその心配は全くありません。

審査の通りやすいカードローンはそんな高金利ではありません。


確かに昔は高い金利の時代もありました。

グレーゾーンという金利枠があって審査が通りやすいカードローンで借りると年利30%近くの金利を支払っていた時期もありました。

しかし現在は法律も改正されて以前よりだいぶ低金利でお金が借りれるようになりました。


全てのカードローン会社は利息制限法に従わなければならず、この利息制限法の金利も決まっております。


審査の通りやすいカードローンで借りる場合、どんなに金利が高くても年利20%を超えることはありません。

大抵の審査の通りやすいカードローンは15%〜18%位の金利でお金を借りることが出来ます。


時代は変わり昔に比べて今は随分とリーズナブルな金利でお金が借りれるものです。



審査の通りやすいカードローンは限度額どれくらい借りれるのか?


では審査の通りやすいカードローンはどれくらいの金額を借りれるのか?


限度額は借りる人のそれぞれの属性や年収、借り入れ状況などを総合して審査で決まります。

従っていくらまで借りれるのかは一概に言えません。


多くのカードローン会社はだいたい初回は50万円以内の限度額で可決します。

年収が低い人や既に他社の借り入れがある人、アルバイトやパート、派遣などの非正規雇用者の場合は初回の融資限度額が30万円とか20万円というケースもあります。

中には10万円しか借りれない人もいれば5万円しか借りれない人もいます。


審査が通りやすいカードローンは審査が通りやすければ通りやすい程、限度額が小口になる傾向があります。


だから良くて初回50万円、悪くて5万円〜10万円といったところでしょう。



審査の通りやすいカードローンはアルバイトやパートでも借りれるの?


審査の通りやすいカードローンはアルバイトやパートでも融資が可能です。


最近のカードローンは昨今の労働形態に合わせて正社員などの正規雇用者のみならずアルバイトやパートなどの非正規雇用者への融資にも対応しております。


従ってアルバイトだろうがパートタイマーだろうが問題なくお金が借りれます。


ただ、全てのアルバイトやパートの方が審査が通るとは限りません。

やはり審査が通りやすいアルバイトの人と審査が通りにくいアルバイトの人がいます。



審査の通りやすいカードローンでお金が借りやすいアルバイトやパートの方の特徴は「収入が安定している点」です。

例えば週に3回〜5回とかしっかりと規則的にアルバイトで働いていて毎月のアルバイトの給料も平均的に安定している人です。


そういう人はカードローンだけでなく、クレジットカードの審査も通りやすいでしょう。


逆に審査が通りにくいタイプのアルバイト、パートさんは・・・収入安定性に欠ける人です。


例を挙げると毎月ほとんど収入が無い人(月収5万円以下は厳しいかも)

また週に2日以下の人もアルバイト収入が少ないでしょうから厳しいでしょう。


あと一番審査が不利なパターンの人は、出勤が安定しない人です。

例をあげると・・・毎週出勤したり、全く出勤しなかったりの勤務形態の人です。


だから、よくある短期日払いバイト、派遣バイト、期間バイト、登録制のバイトなどは、どんなに審査が通りやすいカードローンでも審査が不利になります。


以上、アルバイトやパートの方で審査が通りやすいタイプの人は「定期的な安定収入」、「定期的な安定勤務日数」、「レギューラーバイト」などです。


毎週「月・水・金」の勤務ならばしっかり月・水・金と規則正しく勤めている人がカードローンの審査に有利です。


また長期間働いているアルバイトやパートさんもカードローンの審査に有利です。

働いている期間が長ければ長い程審査が有利と思って良いです。



審査の通りやすいカードローンで借り難い、不利な職業とは


いくら審査が通りやすいカードローンとはいえ、「審査の通りやすい職業」と「審査が通り難い職業」があります。



カードローンの審査に有利な職業と不利な職業。

その違いは一体なんなのか?



カードローンの審査に有利で借りやすい職業は・・・「公務員」、「大手企業のサラリーマン」、「専門職(医者、大学教授、弁護士など)」です。



逆にカードローンの審査に不利で借り難い職業は・・・・「アルバイト」、「パート」、「自営業者」、「主婦」、「派遣社員」などの非正規雇用者。



あとタクシードライバー、水商売、完全出来高制の営業マンなどです。

つまり収入安定性が良い公務員や大手企業の勤め人は圧倒的にカードローンの審査が有利です。




逆に収入が安定しない職業・・・フリーター、自営業、水商売などはカードローンの審査が不利です。



ただ、これもあくまでも「審査が不利」というだけであり「フリーターや水商売がカードローンでは借りれない」という訳ではありません。


アルバイトやパート、自営業者、主婦でも普通に借りれる審査が甘いカードローンも沢山あります。






審査が通りやすいカードローンの一覧


某IT銀行系のカードローン
・他社の借金が多くても借りやすい

・アルバイト、パート、派遣社員、契約社員、専業主婦、自営業者でも借りれる

・ブラックリストでも審査に通ることもあります

・年収証明が不要で借りれます

・即日の融資もOKです

・おまとめローン、借り換えローンも可能



30日間無利息サービスのカードローン

・審査が通りやすい無利息サービスのカードローン

・アルバイト、パート、自営業者、派遣バイト、契約社員、短期バイトでも借りれる

・自己破産歴1年目でも借りれた

・即日審査、当日融資

・50万円以内の融資は収入証明が不要



スピード審査!某大手消費者金融系のカードローン

・ブラックリスト対応の人気大手消費者金融系カードローン

・最短で30分の融資も可能

・アルバイト、パート、派遣社員、自営業者でもOK

・電話での在籍確認なしで借りれた

・他社のローン件数が5件〜7件までOK



某中部地方の銀行カードローン

・審査の甘い穴場的地銀ローン

・派遣社員でも借りれる、派遣バイトでも借りれる

・所得証明が不要、免許証のコピーだけでもOK

・アルバイト、パート、専業主婦、年金受給者でもOK

・総量規制対象外、年収の3分の1以上借りれる



某関東地方の銀行カードローン

・審査が激甘な関東地方の地銀系カードローン

・免許証のコピー、パスポートのコピー、健康保険証のコピーだけで借りれる

・専業主婦もOK

・アルバイト、派遣バイト、日払いバイト、短期バイト、パートタイマー歓迎

・自営業者もOK、フリーランス、個人事業主、中小企業の社長さんも借りれる



総量規制対象外の激甘審査の元消費者金融系カードローン

・ブラックリストでも借りれる審査が甘い元消費者金融系カードローン

・現在は総量規制対象外の銀行カードローンです

・専業主婦、水商売、看護師、介護士、パート、アルバイトでもOK

・連続申し込みでも借りれる

・勤続年数が1年未満でもOK



審査の通りやすいカードローンを探すコツは?


審査の甘いカードローンを探すコツはインターネットの口コミを調べてみると良いです。

確かに最近の口コミサイトは「ヤラセ」や「ガセ情報」など信憑に欠けるものも少なくありません。


しかしその中でも比較的信用できる口コミもあるので、これらを参考に自分にピッタリ合った審査基準の甘いカードローンを探してみると良いでしょう。



審査の通りやすいカードローンの利用上の注意


審査の通りやすいカードローンの利用をする際に注意点があります。


それは「借り過ぎないこと」に尽きます。


誰もがお金に困りカードローンを利用するとどうしても「あと5万!」、「あと10万円!」・・・・と追加で借り漁ろうとするケースが目立ちます。

しかし安易に追加融資ばかりやっていると気が付けば多重債務者になってしまいます。


私も経験がありますが、一度多重債務者になってしまうと抜け出るまで(完済できるまで)に非常に長い月日を必要とし返済に苦労を強いられます。


最悪のケースだと返済不能に陥り自己破産をする羽目になります。

カードローンで自己破産をすると当然「ブラックリスト」になってしまいます。


ブラックリストになると最低でも10年間は新規でローンやクレジットカードの利用が難しくなります。


従って、どうしてもお金を借りたいと思っても「カードローンで借りる以外に他に金銭的な手段は無いか?」をしっかり考えて安易に追加融資をしてしまわないようにしましょう。



カードローンは目的ローンとしても使える?!

カードローンは目的ローンとしての利用も可能なのをご存知ですか?

それもそのはず!


カードローンは基本的に利用使途は自由です。

つまり使いみちが自由なローンであります。


だから旅行費用や車購入費用、そして子供の教育費などに使うのは全然問題ないしむしろ歓迎!ですらあります。


カードローンで使いみちがNGなケースといえば「事業目的」と「公序良俗に反する利用」などです。

上記に当てはまらなければ基本的に利用目的は自由です。


だから目的ローンとしても使えるのです!



自動車購入目的でカードローン


カードローンを自動車購入目的のローンとして利用することは可能か?


それは十分に可能です。

実際にカードローンで車を購入した人も大勢います。

実は私も過去にカードローンで車を買ったことがあります。


マイカーローンに比べてカードローンは金利も高く一見すると損をしそうに思えます。

また車は高価だから高金利のカードローンで買うのは無理がありそうに思えます。


しかし、50万円以下の中古車の購入であればカードローンでもそれほど無理はありません。

また最近ではカードローンも銀行系中心に低金利化が進んでおり昔に比べると利用しやすくなりました。


更にマイカーローンよりも審査がずっと甘くて速いので急いで&確実に車を購入したい人いはカードローンでマイカーを購入するのも有りでしょう。


マイカーローンの審査が通らない人で、何としても今すぐ車が必要な人にはカードローンは有難い存在だと思います。



車検費用をカードローンで購入できるか?

スポンサードリンク
author:ゲーム中毒, category:カードローンと審査基準, 17:03
-, -